父の日の花プレゼント・ギフト

父の日の花プレゼント

花言葉と誕生花〜父の日の花プレゼント・ギフト

父の日母の日誕生より約60年後の1972年アメリカで「父親をたたえる日」として祝日となりました。ジョン・ブルース・ドット婦人が「母の日があって父の日がないのは不公平」だと、提唱しました。
社会で働き、家庭を守るお父さんに感謝する日です。

父の日の花はバラとなっています。これは、ドット婦人が、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたことから、由来しています。

アメリカでは母の日のように、健在の父には赤いバラを、亡くなった父には白いバラを贈るのが一般的になっているようです。

日本では「ファーザーズ・デー委員会」が黄色いリボンキャンペーンを行なっていて、父の日には「黄色いリボン」を推奨しています。

黄色は幸福や希望の象徴で、イギリスでは昔から、身を守る色といわれています。

そのため黄色が父の日のイメージカラーとされています。母の日のカーネーションのように花は特定されていません。黄色いバラや赤や白のバラなど、さまざまな花が贈られているようです。

力強く、頼れるお父さんのイメージで、デルフィニュームやキングプロテアなどの大柄の花をアレンジしたり、白い花にグリーンを添えるのも爽やかですね。

また、心身の緊張をほぐして新たなる活力を呼ぶ花とされているアジサイ、6月の季節の花でリラックスできる香りを持つバイカウツギやシャクヤクなども、日頃の疲れを癒してもらう意味でオススメです。

スポンサードリンク