記念日の花プレゼント・花ギフト

誕生日

誕生花は、身につけると幸せがやってくるといわれます。一年に一度の誕生日の花プレゼント。基本的に相手の好きな花をプレゼントしましょう。好きな花が分らない場合は、贈る人のイメージや好み、好きな色の花が良いでしょう。

香りの強いものや、ビビッドな色の花は好き嫌いが分かれるので、避けたほうが無難です。傷みやすい花や、水落ちしやすい花も不便なのでオススメできません。

プロポーズ・愛の告白

愛を告白するときの花と聞いてイメージするのは、花言葉「愛情、情熱」を表す赤いバラです。必ずしも情熱の真っ赤なバラにこだわる必要はありません。あなたの純粋な気持ちを表わす花や、相手の好きな花、思い出の花…心を込めて、美しい花を贈る日が、二人にとっての新たな記念日になるでしょう。

クチナシには花言葉「とても幸せ」という意味がありますが、「思い出を呼び覚ます」花ともいわれています。

婚約・結婚祝い

愛が結ばれた日に贈る花プレゼントは、純潔を表わす白い花。カラー、ブバリア、セルリア、スズラン、ファレノプシス、スマイラックスがよく用いられます。永遠の生命を表わす緑の葉とアレンジして、心から幸せをお祝いしたいですね。

また、花婿の胸に飾る花(ブートニア)は、花嫁のブーケと同じ花を使用するのが決まりです。

結婚記念日

二人で過ごした年月をお祝いする花。二人の思い出の花を贈ることで、後々までその感動が残ることでしょう。
友人夫妻に贈るなら、ガーベラチューリップなど結婚記念日らしい華やかな花束でお祝いしてみてはどうでしょうか。

出産祝い

強い香りの花は避け、清潔感のある白や暖かい色合いのパステル系の花が良いでしょう。淡い暖色系の花は、母親を和ませ、赤ちゃんの可愛らしさにもぴったりのイメージです。

卒業祝い

卒業式には、別れの寂しさもありますが、大人になる旅立ちへのお祝いでもあります。先輩や友達に贈るなら、花言葉「デリケートな青春の思い出、門出」を持つスイートピーや、花言葉「私を思ってください」と持つパンジーなどはいかがでしょう。

お世話になった先生方にも、感謝の気持ちを込めて皆から花束をおくりましょう。シンビジウムやデルフィニュームがおすすめです。

退職祝い

定年退職される方には、派手な花よりも落ち着いた花が良いでしょう。ガーデニングや花が好きな方には、楽しんで手入れできる鉢物も喜ばれるでしょう。

結婚退職される方には、華やかな花が基本です。

退職理由や性別、年齢を考慮して、第二の人生をお祝いしましょう!

病気見舞い

病気の方のお見舞いには、明るいパステル系の色合いの花を選びます。人気があるのは、スプレーカーネーションやスプレーギク、コスモスやガーベラ、ナデシコなどをアレンジしたものです。病人の心が安らいで、希望が持てる花を選びましょう。

お見舞いでタブーとなるのはシクラメン(死・苦に通じる)、鉢花(根が付く=寝つく)。花がぽとりと落ちるツバキや、色合いの強い花、大きすぎる花、香りが強い花、ユリやヒヤシンス、ストック、スイセンなどは避けます。

スポンサードリンク