正月、新年の花飾り

お正月・新年の花飾り

花言葉と誕生花〜正月、新年の花飾り

1月1日〜3日。親戚や知人が訪問しあって、皆で新年を祝います。もとは福寿の神である歳神様を家に迎えて、おせち料理を囲んで挨拶を行うという習慣から始まりました。

キク…長寿と福寿を表わします。

ウメ…江戸時代かお年賀の花飾りとして使用されています

フクジュソウ…縁起が良いとされ、江戸時代から用いられています

センリョウ…富の象徴とされ、古来から祝い事に用いられました

サクラ…神様が宿る花とされています

おめでたい花、縁起が良いとされる和の花が新年の花の代表になっていますが、例えばコチョウランやカトレアなど、華やかで上品な花は新春の花ギフトとして適していますし、昔からおめでたい花とされています。

また、春の七草をカゴに入れたりするのも良いでしょう。ラッピングをする場合、紅白や金色の水引・リボンを使用するとよりおめでたさが演出できます。

スポンサードリンク